にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2010年06月06日

やっぱりLinux!

 今回のトラブルで発見したことの一つに、Linuxはファイルの移動が異常に速いということがあります。

 VistaHDDのDocumentsからRoot直下のMyVistaへファイルを移動したのですが、それはおよそ20万ファイル(30GB程度)あったのですが、これがVistaなら延々と待たされます。こないだなんて1時間近くかかった。
それがLinuxだと一瞬です。

 ファイルの移動は、要するにディレクトリ情報の書き換えに過ぎないはずなのですが、Vistaは異常に時間がかかることは有名な話ですね。
それにしても、一瞬とは恐れ入りました。はじめは何かミスが有ったと思い、いくつもフォルダを開いてファイル数とサイズのチェックをしたくらいですよw
(コピーはさすがに時間がかかりましたが、それでもVistaの倍くらい速い)

 仕事のアプリケーションがLinux上で動くなら、さっさとWindowsを捨てて乗り換えたいところなのですが(^^;

posted by taky_delux at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事に解決(フォルダのアクセス権がない問題)

 なんとかなりました!(喜

 今回の一件を整理すると、

  • Vistaが起動しなくなった
  • 2つあるHDDうちの一つにXPをインストールして、Vista側のファイルをコピーしようとしたが、アクセス権がないということで、フォルダにアクセスできなかった
  • 回復コンソールでもBoot領域の修復ができなかった
  • Linuxの各種ディストリビューションを使ってみたが、一長一短でピンポイントで決まらなかった

というものでした。

 最後の望みをかけたUbuntu9.10も、結局はHDDを一個しか自動認識しないため「どうしようか」と考え込んでいる時に、「ハタッ!」と思いついたのです。

 「Ubuntu(たぶん他のも同じ)でHDD一個は認識するのだから、VistaのHDDをプライマリ側に固定してからUbuntuを立ち上げれば、アクセス権のないフォルダにもアクセスできるはず」
でも気になるのは、アクセスしてもパーミッションの変更ができないということでした。

 そこで、

  1. HDDのRoot直下に新規でフォルダ(例:MyVista)を作成。
  2. アクセス出来るようになったDocumentsフォルダからMyVistaへファイルを移動。
  3. シャットダウンして、マスターHDDをVistaからXPに戻し、Vistaはスレーブに。
  4. XP起動で確認
  5. MyVistaからXPのMy Documentsへコピー

 これが大当たり!
ファイルは無事コピーされているし、2バイトのフォルダやファイルもきちんとしています。権限の継承も消えて、無事に救出できたのでした。

 方法としては非常にベタで面倒くさいけど、比較的安全で確実な方法だったのではないでしょうか。
あ〜、やれやれ。

 それにしても、Vista!
オマエとは、もうオサラバだ。

 XPの方が、ちょっと歳はイッてて見てくれも古臭いけど、気がきいて動きが軽くて良い。
恋人にするタイプと女房にするタイプの違いのような感じで、伴侶にするならオマエじゃなくてXPだ!

 バイバイ!

posted by taky_delux at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まったくVistaって奴ぁ(ディストリビューション放浪記))

 突如、仕事用のメインマシン(Vista)が起動しなくなりました。
「winload.exeが無い」みたいなアラートが出て、何度も再起動を繰り返します。
起動しなければリカバリすればいいだけなのですが、問題は中身の猿平次ができない!

 もともとVistaでRaidを構築してあったのですが、当然のことながらRaid0が起動しなくなればRaid1も起動しない設定になってしまうわけで、頭を抱えました。

 仕方ないので片方のHDDをフォーマットして、そこに手持ちのXPをインストール。そこからVistaフォルダを猿平次しようと思ったのですが、なんと!「アクセス権がないよ!」ときました。
あれこれググってみたところいろいろなことが書かれていましたが、どの方法もダメ。とにかくアクセス権の解除ができない。

 そこでLINUXの出番です。Linuxには、Windowsのアクセス権なんて関係ないですからね。
KNOPPIXを落としてLiveCDを作成。これならどうだ?と勇んでみたら、上手くいった!
XPに戻ってフォルダの中身を確認すると、ちゃんとアクセスできる状態でコピーされています!
Linux系はインストール無しで使えるものが多いので、こういう時に便利ですね。

 ところが・・・
ここにも落とし穴がひとつ。

なんかフォルダ(ファイル)の数が違う・・・ 
使ったKNOPPIXは「6.0.1Ja」というバージョンだったのですが、これが2バイトのフォルダ(ファイル)名を認識しない・・・orz

 それでは・・・と、Ubuntu10.04はどうか?

 見事に2バイトのフォルダ名が表示されています!

 ・・・っが!

 今度はHDDを一つしか認識していない・・・orz
私の知識では、どうやってももうひとつのHDDを表示することが出来ませんでした。

 しからば、今度はPuppy Linux.
これはisoファイルがたったの119MBしかない、ムチャクチャ軽量なディストリビューション。 CDへの書き込みなんて、あっという間に終わります。

・・・っで、どかというと。

 これも・・・suの成り方が分からない、というか、ターミナルの出し方がわからないのでは、コピー自体ができないので撃沈です。

 気を取り直して、次いってみよう。

 今度はDebian。
ところが、日本語サイトに行ったのですが、LiveCDへのリンクが切れていて、旧版はどれを落とせば良いのやら・・・

 望みはFedora13。
LiveCDのありかもわかりやすく、リンクもきちんと張られています。
画面がきれいでびっくりしながら進めると、ターミナルもいつもの場所にあるのですぐにsuになって、HDDをマウント・・・ができない?

 Linuxの知識が浅いのが悪いんだけど、ディストリビューションの不明点洗い出しやってるんじゃないんだよね。
こうなりゃ、当たりが出るまでサイコロ振ってやるw

 ここで再度KNOPPIXにお出ましいただきます。
今度は古い方のバージョン、5.3.1です。

 でも、これもダメ。
今度は「KNOPPIXのファイルシステムがないよ!」と蹴られて、起動すらできません。

 

・・・さあ、どうしよう・・・

posted by taky_delux at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

XOOPSカテ新設

 せっかくだから、XOOPSのカテも作ってみた。

 最近はいろいろなCMSがあってどれも食指をそそられるんだけど、自分がやりたい事に使えるモジュールの充実度から言ってXOOPSが一番使い易いです。
 もとよりプログラマではないしphp(昔、parlも途中で投げ出したw)もど素人なので難儀していますが・・・

 覚書みたいな感じで使うカテになりそうですね。

posted by taky_delux at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Xoops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ImageMagickのパスが

 XOOPSでサイトを構築しているのですが、自鯖が間に合わないためにレンタルサーバを借りることにしました。

 以前使っていたことのあるアイルという会社なのですが、ここは安定稼動するしとても気に入っています。 しかし、今回借りたサーバプランが以前のBSD系と違って、なんとWindows Server・・・ワカラン(^^;

 XOOPSモジュール(Gnavid3)でどうしてもImagemagicのconvertが必要なのですが、そこへのパス設定で延々と躓きっぱなし。 「環境変数で"C:\ImageMagick\"が通っています」との事ですが、Windowsの環境変数って何?

 ブランクで設定しても、教えられた通りにパスを記述してみても、モジュールからは「convertがないじゃん!」と叱られる始末・・・orz

 仕事はWindowsじゃないと困るけど、サーバはUNIX系の方が分かりやすいな〜

 DELLかNECで、サーバ機の投げ売りしてくれないかな・・・

posted by taky_delux at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Xoops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

文字コード変換ツール「KanjiTranslator 1.6」

 先のphpファイルを文字コード変換するのに、秀丸で一つずつ開いて変換するのはめんどくさいし、秀丸マクロは使い方がいまいち分からない・・・なんか良いアプリはないかと探したらありました。

 文字コード変換ツール「KanjiTranslator 1.6」

 これは動作も軽快で、非常に使い易い(ファイルまたはフォルダのドラッグ&ドロップだけ)のでおすすめです。
もちろん、フリーソフトです。

posted by taky_delux at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【覚書】WIndows Server + XOOPS(HD Full 1.04)におけるモジュールの文字化け

 上記条件でXOOPSを動かしているとき、モジュールによっては文字化けして上手く使えない時があります。
実際のところ、私も上記条件で「GNAVId3」というモジュールを使わせていただこうとしたのですが、追加項目の部分だけが文字化けして困りました。
ググッてみたら、どうもファイルの文字コードに起因するらしいと言うことが分かりました。

 レンタルサーバの文字コードはUTF-8で運営していて、XOOPS本体もUTF-8で動かしているのですが、GNAVI0.96はソースファイルがShift-jisとEUC-jpが混在しており、ここいら辺が原因だったようです。

 よく分からないので、ひとまずすべてのファイルをコピーしておき(保険)、元ファイルを全て秀丸エディタを使って文字コード変換(UTF-8へ)してから再アップしたら、あっさり直りました。

 私はプログラマーではないので、一つのモジュールの構成(php)ファイルにEUC-jpとShift-jisが混在する意味は分からないのですが、どういうことなのでしょう?単なるケアレスミス??
GNAVId3ではないですが、他の方の報告では一つのファイルに異なる文字コードでの記述がなされたモジュールも存在するようで、これが原因でページ内での部分的な文字化けを起こしていることもあるようです。

 XOOPSは大変便利なシステムですが、モジュールに関しては古いもの(XOOPS_trust_pathを使わない)が存在したり、文字コードが異なる物があったりと、統一環境を構築するのに気を使わなければならないようですね。

 それにしても、慣れていないせいもあって、Windows Serverは使いにくい(^^;

posted by taky_delux at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

なんだよー

 カーチャンのPCが壊れたので、私の901XをXPに戻して使わせようとしたのですが、一度も使わないうちに新しいのを買ってしまった・・・なんのために、構築したXandros環境を消したのかww

 まあ、新しいバージョンを入れて楽しめると、ポジテイブに考えます・・・orz

posted by taky_delux at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

EMONSTER+EeeS101+Bluetooth=Internet

 以前、901xでbluetooth経由DUNでネット接続したことは記事にしましたが、S101に代わってからは設定していませんでした。しかし、携帯端末が増えてきて基本料金だけでも結構な額になっているので、ここは一つ整理が必要しておかないと財政破綻してしまいます(^^;) そこで、Willcomは解約&emobileも通信専用端末は解約して、EMONSTERですべて賄おう画策したわけです。

 前回は結構苦労した覚えがあるのですが、今回はこちらのホームページを参考にさせていただいたところ、あっさり繋がりました。 速度も前回より若干ですが向上し、まあまあ使える環境だと思います。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果 http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0 測定時刻 2010/01/18 15:20:53 回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows XP/- サービス/ISP:-/- サーバ1[N] 221kbps サーバ2[S] 412kbps 下り受信速度: 410kbps(412kbps,51kByte/s) 上り送信速度: 140kbps(145kbps,18kByte/s)

※この記事も上記環境でアップしてみました。

posted by taky_delux at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

Google wave&Google日本語入力

 今日、メールを落としたらGooglewaveから案内が来ていて、さっそくwaveを使ってみました。

 感想

なにに使うの?
よくわからないんですけど(^^:

 まあ、しばらく放っておきましょうか(笑

 

 もう一つ。

 Google日本語入力というのが発表になったというので、さっそく(恐る恐る)導入してみました。
ところが、これが思いのほか出来がいい!

http://www.google.com/intl/ja/ime/

 これまではATOKが最高だと思ってずっと使ってきた(今だに2005使ってる)のですが、少々認識を改めなくてはならないかもしれません。
私が書くこういった程度の駄文に高度な機能は必要なくて、できるだけ軽快な動作で誤変換が少なければOKなんですよね。

 日本語のような2バイト文字をアルファベット入力して変換すると、必ずといって良いくらい誤変換がつきまといます。
IMEを作っているメーカーにすれば、単純に変換効率を上げただけでは売上につながらないと考えているのかもしれませんし、そのために何かしらの新機能を盛り込んだ製品をリリースしてくるのでしょうが、もうそろそろそれも終にした方が良い鴨。

 日本のハードメーカーもソフトメーカーも、「必要十分」という言葉をもう一度噛み締めた方が良いのかもしれませんね。

posted by taky_delux at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。