にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2012年01月03日

これがEvernote究極の軽量化か?

Evernoteは便利なのですが、データベースが肥大してくるととても重くなります。
それはもう「重い」なんて生ぬるい表現がはばかられるくらい「動かなく」なります。
というか、デスクトップは結構ハイスペックなので問題ないのですが、ネットブックのEeePC S101には荷が重いです。
原因はデータベースの肥大化 プラス PCの非力さが主なものでしょう。
Macは使っていないのでわかりませんが、windowsクライアントアプリでデータベースが1GBを超え(1.3GB超 ノート数1700超)てくると、とてもじゃないけど実用レベルを外れてしまいます。

この問題は同じ悩みの方がたくさんいらっしゃるようで、ネットでググると情報がたくさんありました。
その多くが

  • クライアントアプリのデフォルトフォントをWindows標準(MSゴシックなど)にする
  • デバッグモード(Evernote.exe /DebugMenu)を使ってデータベースを最適化する
  • Google Chromeのアプリケーション機能を使って、Web版を使う

といったようなものです。

ただ、Web版だけに限定してしまうと「必要なところだけ選択して、"Winキー+A"で取り込む」というのができなくなってしまうのが問題なのと、フォント変更や最適化はデータベースが700MBくらいまでは有効に機能していたのですが、1GBを超えたあたりからはこれらの対処では追いつかなくなってきたように思っていました。

使えば使うほどデータベースは大きくなるのを止めることはできないし、PCが非力なのはもうしばらく我慢しなければならない状態なので、しばし思案したところ「データベースの最適化ではなく、再構築したらどうなるのか?」という疑問が湧いてきました。

湧いたらすぐやる。
方法は過去に書いた「Evernoteが同期できない」と同じ。

  1. タスクバーからEvernoteを完全終了
  2. 現在のデータベースフォルダ「Databases」を適当にリネームして保護
  3. 新規Databasesフォルダを作成してからEvernoteを通常起動
  4. 同期作業を実行
  5. 上手くいったらリネームした旧データベースは削除

コレだけです。
これで超ウルトラスーパー劇的に動作が軽くなりました(^-^)

最適化と再構築でどのような違いがあるのかとか難しいことはわかりませんが、とにかく軽くなったのだから文句はありません。
それまではノートブック間を移動するだけでも分単位で待たされたものが、もうサクサク状態で笑いが止まりません〜(笑)

ちょっと時間はかかるけど、比較的低スペックなノートPCなどで使っている方は一度お試しあれ(^o^)b

posted by taky_delux at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Evernote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。