にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2011年12月22日

Evernoteは「使いこなす」な

なんでしょうね、この違和感は?
Evernoteに関するブログや記事をネットで探しだして読んでいると、ちょっとした違和感を覚えてしまうのです。

よく見る見出しにあるのが「〜を使いこなす」とか「〜を徹底活用」とか「〜すぎる使い方」とか・・・
書いている方たちを個人攻撃するつもりは毛頭ないのですが、私のような「Non Heavy User」の場合はそこまで大上段に振りかぶって使うことのほうが少ないんじゃないかな?なんて思うわけですよ。
ネットで見受けるEvernoteに対するスタンスは多くが「ライフログやノマドワーク用ツール」として捉えられたものが多くて、ちょっとこそばゆい感じがしてしまうのです。

たとえばアナタ、紙のノートを目の前にして「よ〜し、コイツを使いこなしてやろう!」と鼻息荒くしますか?
「徹底活用しよう!」ったって、紙が見えなくなるまで文字を書き連ねるわけではないですよね?
「〜すぎる紙のノートの使い方」なんて、紙ヒコーキ折るくらいしか思い当たりません(^^;

結局のところEvernoteといえども「自分が紙のノートに対してできること以上の事はできない」のではないでしょうか?

個人的には「Evernoteのノートにできて紙のノートにはできないこと」なんて、音声と動画を貼り付けることくらいだと思っているし、Evernoteというシステムが検索という部分で紙に対する優位性を持っていることは認めながらも、紙のノートが持つ閲覧性というか「見通しの良さ」では一歩も二歩も劣っていると思います。

とはいえ、実は自分自身が当初は「使いこなそう」なんて大それた考えでいて、そのせいもあってか、無料アカウントを持っていながら1年以上ほとんど使っていなかった事は白状しておきます(笑)
「どう使えばいいのかわからない」とか「使うのやめちゃった」という人は、その頃の私と同じように紙と同じくらい自由度の高い記録システムを前にして途方にくれているか、逆に気張って「振りかぶっちゃった」んじゃないでしょうか?

Evernoteは気楽に使いましょう。
デジタルかアナログかの違いはあっても、所詮は「ノート」です。
なんとなくでも使っていれば、そのうち「こんなことがしてみたい」という欲求が出てくるはずです。
その時点から「ネットで使い方を調べてみる」でいいじゃないですか。

それでも「う〜ん・・・」と思う人は、たとえばこんなことから始めてみるのもいいのでは?
(実際に自分自身がやっていることです)

  • スマホに入れたEvernote のSnapshot(ようするにカメラ)機能を使って、出かけた先で写真を撮りまくる。
    月当たりの転送量に制限(無料アカウントだと60MB、有料なら1GB)はありますが、保存総量に上限のないEvernoteは画像保管庫として最適です。
  • 同じく、子どもの描いた絵や作った作品を写真で記録しておく。
    万が一それらを紛失しても、それらを作った彼らの心と記録だけは残ります。
  • 思いついたこと・忘れては困ることなどを録音しておく。
    人前でやると怪しまれますが、一人の時なら大丈夫。
  • 各種の書類(回覧板やPTAのお知らせ、領収証など)をカメラで撮るかスキャナで読み込んで保存する(私はScanSnapを利用)。
    Evernoteは保存すると自動的に文字認識してくれるのであとで探すのも簡単ですし、元の紙を無くしても安心。
    (有印文章とかはやらない方がいいと思う)
  • キャンプで使えるレシピをネットで調べて、アウトドア用レシピ集を作る。
    出先でもスマホさえあれば料理の達人。カッコいいお父さんになれるかもしれません。
    (なれないかもしれませんが)
  • 備忘録として、欲しい物や本などをメモしておく。

もちろんこれだけが全てではないですが、私も大したことやっていないですね(笑)
でも・・・

Evernoteなんて使いこなせなくたって、人生それほど変わるもんじゃありませんて。
ただし、生活の中に上手にEvernoteを取り込んで「使い倒す」と、楽して楽しくなるのも事実です。

posted by taky_delux at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Evernote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241899961
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。