にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2010年06月16日

puppy マウス設定の変更

 使い込むごとに「puppyは気に入っているけど、マウス(タッチパッド含む)がシングルクリクで動作するのはなんとかならんかな」とか「フォルダウィンドウがいちいちリサイズされるのは嫌だな」とか不満が出てきていたので、調べてみました。

http://daisuke55.blog93.fc2.com/blog-entry-226.html

 こちらで紹介されていますね。
Windowsのようにコントロールパネルにマウスのプロパティがあるのではなく、ROXというフィルマネージャで動作を管理しているそうです。道理で、いくらメニューを探してもマウスの設定項目が出ないはずだ(笑)

 やり方は上のサイトで詳しく書かれていますが、実に簡単です。
デスクトップ上の家のアイコン(ファイル)を開き、窓の中の適当な場所で右クリックすると出てくるコンテクストメニューからオプション設定を選択します。
あとは、お好きに設定してくださいという感じでしょうか。

 【6/17 追記】
 もっと簡単な方法がありました。
バージョン4.3.1なら、アイコン上で右クリックすると「ROX-filer」というメニューが直接出てきます。

 ついでに、設定項目の中に「フォルダウィンドウを自動的にリサイズする」という項目があったのでこれもチェックを外しておきました。

 マウスを使っている分にはまだしも、タッチパッドだと無意識に触れてしまって不要な窓が開いたりアプリが立ち上がるのに閉口していたので、良い情報を頂きましたね。

 これでますます「言うことを聞く良い子犬」に成長してきたというものです(笑)

posted by taky_delux at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。