にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2010年05月05日

【覚書】WIndows Server + XOOPS(HD Full 1.04)におけるモジュールの文字化け

 上記条件でXOOPSを動かしているとき、モジュールによっては文字化けして上手く使えない時があります。
実際のところ、私も上記条件で「GNAVId3」というモジュールを使わせていただこうとしたのですが、追加項目の部分だけが文字化けして困りました。
ググッてみたら、どうもファイルの文字コードに起因するらしいと言うことが分かりました。

 レンタルサーバの文字コードはUTF-8で運営していて、XOOPS本体もUTF-8で動かしているのですが、GNAVI0.96はソースファイルがShift-jisとEUC-jpが混在しており、ここいら辺が原因だったようです。

 よく分からないので、ひとまずすべてのファイルをコピーしておき(保険)、元ファイルを全て秀丸エディタを使って文字コード変換(UTF-8へ)してから再アップしたら、あっさり直りました。

 私はプログラマーではないので、一つのモジュールの構成(php)ファイルにEUC-jpとShift-jisが混在する意味は分からないのですが、どういうことなのでしょう?単なるケアレスミス??
GNAVId3ではないですが、他の方の報告では一つのファイルに異なる文字コードでの記述がなされたモジュールも存在するようで、これが原因でページ内での部分的な文字化けを起こしていることもあるようです。

 XOOPSは大変便利なシステムですが、モジュールに関しては古いもの(XOOPS_trust_pathを使わない)が存在したり、文字コードが異なる物があったりと、統一環境を構築するのに気を使わなければならないようですね。

 それにしても、慣れていないせいもあって、Windows Serverは使いにくい(^^;

posted by taky_delux at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148833515
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。