にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
ブログランキング参加中。この記事がオモシロイ!という方は、ぜひ上のバナーをクリック!

2009年10月29日

アドバンスモードと日本語化

 Xandrosにアドバンスモードを導入し、日本語化を進めてみました。

 いつものように、こちらを参考にして作業を進めます。なんてこともなく、あっさり導入可能。
http://eeepc.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/advance_modeeee_cb1f.html

 Windowsライクなインターフェイスで、とても使いやすいです。
正直言って、ここまでやってしまうと「Ubuntuとどこが違うんだ?」という疑問は出てきますが、その辺はスルーしてください(笑)

 ただ、このモードのせいかどうかは分からないのですが、ときどき動作が遅くなることがあります。やはり512MBでは少ないのでしょうか??

 続いて、さらなる日本語化。

 Easy modeでもそうでしたが、Firefoxが英語表示なのは使いづらいです。
はじめはこちらのページ(http://eeepc.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/xandros17-0dd6.html)を参考にやってみたのですが、「ja.xpiが無いよ!」とはじかれてしまい、一時スタック。
もしや?と思いSynapticで「firefox」を検索すると、localeでjaがあるじゃないですか。迷わずそれをインストール指定して、適用したらば見事に完了。

 続いては、細かなところが日本語化できると言うことなので、こちらを参考に作業です。
http://eeepc.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/xandros-2d31.html

  •  バッテリー残量表示
  •  無線ネットワーク関連表示
  •  アップデートの日本語ガイダンス表示
  •  TIPの日本語表示
  •  Helpの日本語表示
  •  インスタントシャットダウンの日本語表示
  •  ウェブカムの日本語表示
  •  サウンドミキサーの日本語表示
  •  ディスクユーティリティーの日本語表示
  •  パーソナライズの日本語表示
  •  日付と時刻など

 これらが日本語化できるようなので、自分に必要そうなものだけインストールしてみました。
作業は落としたdebファイルを右クリックで、「Install deb file]を選択するだけなので簡単です。

 なお、上のページのコメント欄にファイルマネージャ日本語化の方法も載っていますので、そちらも導入してみました。
完全に日本語化するわけではないようですが、全部英語よりはマシですね。

 蛇足ですが、XandrosのAdvancemodeはスタートメニュー(って言うのか?)も英語表示。
ですが、右クリックで表示されるコンテキストメニューから表示名を変更できますので、ここで日本語名を入力してしまいます。

 これでかなり使いやすい(分かり易い)構成になりました。

posted by taky_delux at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ビスタ、そんなにダメか?

 ってか、7、そんなに良いの?です。

http://www.gizmodo.jp/2009/10/windows_xp7_riyu.html

 これを書いているのは、XP搭載のEeePC S101ですが、デスクトップはVista。
記事によると、XPはともかく、Vistaは「有無を言わさずアップグレード」とか。

 う〜ん、悩むなぁ・・・
posted by taky_delux at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ネットブックにLINUX

 自宅サーバに使っていたデスクトップLINUXは、相変わらず放置プレイ状態なのですが、最近はネットブックにLINUXを組み込んで遊んでいます。

 少し前のこと。手持ちのEeePC901Xのキーボードにコーヒーをぶちまけるという事件があり、急遽EeePC S101を買い足すという事態になったのですが、その後、Yahooオークションで英語版キーボードを購入して901も修理完了。同じXPを2台持っていてもしかたがないので、古い901をLINUX化してみます。

 最初はXandros1.6。
こちらのページを参考にさせてもらいました。>>「EeePCでブログ更新
とても分かり易く解説されています。ご本人は決してプロではなく、むしろ素人故の疑問や視点が、同じ素人の私にはわかりやすい表現となっていて嬉しいですね。

 Xandrosを使った印象。
901はオリジナルのメモリを別のノートに移植しているため、512MBしかメモリがありません。しかし、この状態でも十分に快適な操作感があります。

 ただ、私が落としたのはASUSTEK純正のもののようで、英語仕様。
キーボード的にはちょうど良いのですが、私的には不便・・・orz
なにがって、先のホームページには日本語化についても詳しく解説があるのでそれ自体は難しくないのですが、OS以外の部分(ブラウザやオフィスソフト)も日本語化しなければならないのは、正直言って不便です。

 続いては、Moblin2.0。
導入は先のXandrosと同じ901Xですが、さらに軽快感があります。
ただ、Xandrosはブラウザが馴染みのあるFirefoxですが、Moblinは組込型のように見える正体不明のブラウザ。お気に入りの使い方もよく分からない状態で、こちらの方でストレスを感じることになってしまいました。

 デザイン的な洗練度というか、目新しさではMoblinに軍配が上がりますが、動作の安定性という面ではXandrosではないでしょうか。
うちだけの現象かもしれませんが、MoblinはWifi接続がブチブチ切れる症状が頻発したことを報告しておきます。

 しかし、どちらにしても、これまでのIntel&Microsoftプラットフォームとそれに対応したソフトにこだわらなくても良い環境をお持ちなら、これらのネットブック+LINUX系OSは魅力的な組み合わせだと断言します。
なにしろ、ネットのブラウズ、メールのやりとり、YouTubeの閲覧、オフィススイーツを使った文章作成・・・etc.は、何不自由なくできるのですから。

 次はXandros1.7に挑戦してみようかな。
posted by taky_delux at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。